週報

11월 7일 주보입니다.

zero 3 2,199
1부
성경 - 요 6 : 35
생명의 떡이신 예수 그리스도

2부
성경 - 역상 17 : 16~20
더 드리고 싶은 감사

광고
* 주일대신총회를 성도님들의 기도 가운데 잘 마무리 되었습니다.
* 추수감사절 1부 예배에 감사하는 마음을 주님께 드립니다.
* 추수감사절 2부 찬양콘서트에 찬조상품을 받습니다.
 - 각 선교회장님께서 14일까지 확정지어 주시기 바랍니다..





Comments

zero
설교원문

성경 - 요 6 : 35
생명의 떡이신 예수 그리스도

1. 물두멍
    a.물두멍의 위치(출 40 : 7)
      번제단과 회막문 사이
    b.물두멍의 재료 (출 38:8, 출 30:18 )
      거울
    c.물두멍의 기능
        ㄱ.단회적 씻음 (레 16:4)
          헌신적 세례 (요 1:12, 요 6:47, 엡 1:7)
        ㄴ.계속적 씻음
2.떡상 (출 25:23~30, 레 24:5~9)
    a.전설병(떡) 제사장을 위한 음식으로 예수 그리스도는 신령한 생명의 떡임을 표현
    b.떡상 위에 놓여진 덕은 하나님께서 모든 인간을 돌보시고 계시는 증거입니다
    c.하나님과 인간 상호간의 화해하며 친교하는 것임
    d.떡은 신령하신 하나님의 말씀입니다
    e.떡상 위의 열두개의 떡은 12지파를 의미합니다. (하나님의 모든 백성)
    (레 24:5~9, 눅 24:30~35, 요 6:35, 요 6:51, 요 1:1)
3.등대 (출 25:31~40, 출 37:17~24)
    a.등대는 무엇으로 만들어 졌는가?
    b.밑받침은 양쪽으로 각각 (        )가지가 있어 모두(          )가지가 있었습니다
    c.정금을 어떻게 하여 등대로 만들었습니까? (벧전1:6~7)
      *등대위의 장식?
      *빛
      예수님을 무엇으로 표현 (요1:5~7, 요 8:12)
      성도를 어떻게 표현 (마 5:14, 살전 5:5)
zero
1부
찬송 - 5(3)
찬송 - 488(539)
찬송 - 505(268)
교독 - 72(40)

2부
찬송 - 521(253)
찬송 - 463(518)
찬송 - 478(78)
1004
2010/11/7
               命のパンであるイエスキリスト

ヨハネによる福音書 / 6章 35節
35 イエスは言われた。「わたしが命のパンである。
わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない。
1。洗盤
a.洗盤の位置
出エジプト記 / 40章 7節
7 洗盤を臨在の幕屋と祭壇の間に据え、これに水を入れる。
  臨在の幕屋と祭壇の間
b.洗盤の材料
出エジプト記 / 38章
8 更に、青銅の洗盤と台を作ったが、それは臨在の幕屋の入り口で務めをする婦人たちの青銅の鏡で作った。
18 庭の入り口には、青、紫、緋色の毛糸、および亜麻のより糸で織ったつづれ織の長さ二十アンマ、
高さあるいは幅五アンマの幕を張り、庭の幔幕に合うようにした。
   鏡(ミラー)
c.洗盤の機能
♣ ただ一度に洗う
献身的洗礼(ヨハネ1:12、ヨハネ18:47、エペソ1:7)
ヨハネによる福音書 / 1章 12節
12 しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。
ヨハネによる福音書 / 18章 37節
37 そこでピラトが、「それでは、やはり王なのか」と言うと、イエスはお答えになった。
「わたしが王だとは、あなたが言っていることです。
わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た。
真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。」
エフェソの信徒への手紙 / 1章 7節
7 わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。
これは、神の豊かな恵みによるものです。
♣ 継続して洗う
2。机 (出エジプト25:23-30、レ24:5-9)
出エジプト記 / 25章 23-30節
23 アカシヤ材で机を作りなさい。寸法は縦二アンマ、横一アンマ、高さ一・五アンマ。
24 純金で覆い、金の飾り縁を作る。
25 一トファの幅の枠で四本の脚を補強し、枠にも金の飾り縁を作る。
26 四つの金環を作り、それぞれの脚の外側に付けるが、
27 枠の高さに付け、机を担ぐ棒を通す環とする。
28 アカシヤ材で棒を作って金で覆い、机を担ぐ棒とする。
29 皿、柄杓、小瓶、水差しを作り、ぶどう酒の献げ物をささげるのに用いる。これらは、純金で作る。
30 この机に供えのパンを、絶えずわたしの前に供えなさい。
レビ記 / 24章 5-9節
5 あなたは上等の小麦粉を用意し、それぞれ十分の二エファの分量の輪形のパンを十二個焼く。
6 それを一列に六個ずつ二列に並べ、純金の机の上に置いて主の御前に供える。
7 各列に純粋の香料を添える。それはパンのしるしとして燃やして主にささげる。
8 アロンはイスラエルの人々による供え物として、安息日ごとに主の御前に絶えることなく供える。
これは永遠の契約である。
9 このパンはアロンとその子らのものであり、彼らはそれを聖域で食べねばならない。
それは神聖なものだからである。
燃やして主にささげる物のうちで、これは彼のものである。これは不変の定めである。

a.供えのパン(餅)、祭司のための食糧としてイエスキリストは、霊の命の餅であることを表現
b.机の上に置かれたお餅は、神がすべての人間を守ってくださるの証拠です
c.神様と人間の相互間の和解で、親しく交際すること
d.餅は、霊の神の御言葉です
e.机の上に置かれた12個のお餅は12の部族を意味します。 (神様の全ての民)
(レ24:5-9、ルカによる福音書24:30-35、ヨハネ6:35、ヨハネ6:51、ヨハネ1:1)
ルカによる福音書 / 24章 30-35節
30 一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。
31 すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。
32 二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、
わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。
33 そして、時を移さず出発して、エルサレムに戻ってみると、十一人とその仲間が集まって、
34 本当に主は復活して、シモンに現れたと言っていた。
35 二人も、道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した。

3。燭台 (出エジプト25:31-40、出37:17-24)
出エジプト記 / 25章 31-40節
31 純金で燭台を作りなさい。燭台は打ち出し作りとし、台座と支柱、萼と節と花弁は一体でなければならない。
32 六本の支柱が左右に出るように作り、一方に三本、他方に三本付ける。
33 一本の支柱には三つのアーモンドの花の形をした萼と節と花弁を付け、
もう一本の支柱にも三つのアーモンドの花の形をした萼と節と花弁を付ける。
燭台から分かれて出ている六本の支柱を同じように作る。
34 燭台の主柱には四つのアーモンドの花の形をした萼と節と花弁を付ける。
35 節は、支柱が対になって出ている所に一つ、その次に支柱が対になって出ている所に一つ、
またその次に支柱が対になって出ている所に一つと、燭台の主柱から出ている六本の支柱の付け根の所に作る。
36 これらの節と支柱は主柱と一体でなければならず、燭台全体は一枚の純金の打ち出し作りとする。
37 次に、七個のともし火皿を作り、それを上に載せて光が前方に届くようにする。
38 また、芯切り鋏と火皿を純金で作る。
39 燭台とこれらすべての祭具とを重さ一キカルの純金で作る。
40 あなたはこの山で示された作り方に従い、注意して作りなさい。
出エジプト記 / 37章 17-24節
17 彼は純金で燭台を作った。燭台は、打ち出し作りとし、台座と支柱、萼と節と花弁が一体であった。
18 六本の支柱が左右に出るように作り、一方に三本、他方に三本付けた。
19 一本の支柱にはアーモンドの形をした萼と節と花弁を付け、
もう一本の支柱にも三つのアーモンドの花の形をした萼と節と花弁を付けた。
燭台から分かれ出ている六本の支柱を同じように作った。
20 燭台の主柱には四つのアーモンドの花の形をした萼と節と花弁を付けた。
21 節は、支柱が対になって出ている所に一つ、その次に支柱が対になっている所に一つ、
またその次に支柱が対になって出ている所に一つと、燭台の主柱から出ている六本の支柱の付け根の所に作った。
22 これらの節と支柱は主柱と一体をなし、燭台全体は一枚の純金の打ち出し作りであった。
23 次に、七個のともし火皿、芯切り鋏、火皿を純金で作った。
24 燭台とこれらすべての祭具は重さ一キカルの純金で作った。

a.燭台は、何によって作られたか?
b.台座は、両側にそれぞれ(    )本の支柱があり、全部で(    )本の支柱がありました
c.純金をどのようにして、.燭台を作ったんですか?
ペトロの手紙一 / 1章 6節
6 それゆえ、あなたがたは、心から喜んでいるのです。
今しばらくの間、いろいろな試練に悩まねばならないかもしれませんが、
7 あなたがたの信仰は、その試練によって本物と証明され、
火で精錬されながらも朽ちるほかない金よりはるかに尊くて、
イエス・キリストが現れるときには、称賛と光栄と誉れとをもたらすのです。
♣ .燭台の上の飾りは
♣ 光

イエス様を何と表現しますか? (ヨハネ1:5-7、ヨハネ8:12)
ヨハネによる福音書 / 1章 5-7節
5 光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった
6 神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。
7 彼は証しをするために来た。
光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである。
ヨハネによる福音書 / 8章 12節
12 イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」

聖徒をどのように表現しますか?  (マタイ5:14、テサロニケ5:5)
マタイによる福音書 / 5章 14節
14 あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。
テサロニケの信徒への手紙一 / 5章 5節
5 あなたがたはすべて光の子、昼の子だからです。わたしたちは、夜にも暗闇にも属していません。
번호 분류 제목 글쓴이 날짜 조회
63 2010 2011년 1월 16일 광고 추가해 주세요. zero 01.15 2604
62 2010 2011년 1월 9일 주보 영락교회 01.08 3070
61 2010 20110102 주보입니다 현재 01.02 2588
60 2010 1월 2일 주보 댓글2 영락교회 01.01 2296
59 2010 12일 26일 주보 댓글1 영락교회 12.25 2136
58 2010 12월 19일 주보 댓글1 영락교회 12.18 2122
57 2010 12월 12일 주보 댓글1 영락교회 12.11 2280
56 2010 12월 5일 주보 댓글1 영락교회 12.04 2514
55 2010 11월 28일 주보 댓글1 영락교회 11.27 2474
54 2010 주보파일 현재 11.24 2361
53 2010 11월21일 주보 댓글1 영락교회 11.20 2317
52 2010 11월 14일 주보자료입니다.. 댓글1 zero 11.13 2344
51 2010 11월 14일 자료입니다..2번째 zero 11.13 2373
50 2010 11월 14일 자료입니다.. zero 11.13 2147
열람중 2010 11월 7일 주보입니다. 댓글3 zero 11.06 2200
48 2010 박성인집사님 부탁드려요.. 그림 띄워주세요 영락교회 10.30 2470
47 2010 10월31일 주보 댓글1 zero 10.30 2309
46 2010 10월 24일 추가광고입니다. 영락교회 10.23 2890
45 2010 내일 1부 말씀입니다. 메인화면에 띄워주세요 영락교회 10.23 3014
44 2010 10월 24일 주보 댓글2 zero 10.23 2095
43 2010 10월 17일 주보입니다. 댓글2 zero 10.16 2487
42 2010 10월 10일 주보 댓글3 영락교회 10.09 2328
41 2010 10월 3일 영락교회 10.02 2717
40 2010 9월 26일 주보 영락교회 09.25 2648