週報

7월 17일 주보

영락교회 1 1,637

1부

묵상성경: 시편 112: 1-2
성시교독: 42(23)
찬송: 2(6), 278(336장), 543(342장)

출 12: 8-11
제목: 오늘 하루 이렇게 시작하십시요(3)

2부

찬송: 279(337장), 435(492장), 383(433장)
성경: 마 5: 1-6
제목: 천국백성의 삶


인용성구
엡6: 11-12, 엡4:27, 엡6:14, 롬13:11-14, 엡6:18, 시23:4, 요14:16

광 고
2부 예배후 2선교회 구역예배가 있습니다.
8월 8 - 9일 1박 2일 오병이어 가족 수련회가 있습니다.
8월 14일 집회가 있습니다.
8월 15-16일 교회 연합수련회가 동지사대 캠퍼스에서 있습니다.

새신자 명단

박정순...

Comments

1004
2011/7/17
詩編 / 112編 1-2節
1 ハレルヤ。いかに幸いなことか/主を畏れる人/主の戒めを深く愛する人は。
2 彼の子孫はこの地で勇士となり/祝福されたまっすぐな人々の世代となる。

今日の一日このように始めなさい(3)

出エジプト記 / 12章 8-11節
8 そしてその夜、肉を火で焼いて食べる。また、酵母を入れないパンを苦菜を添えて食べる。
9 肉は生で食べたり、煮て食べてはならない。必ず、頭も四肢も内臓も切り離さずに火で焼かねばならない。
10 それを翌朝まで残しておいてはならない。翌朝まで残った場合には、焼却する。
11 それを食べるときは、腰帯を締め、靴を履き、杖を手にし、急いで食べる。これが主の過越である。

エフェソの信徒への手紙 / 6章 11-18節
11 悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。
12 わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、
暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。
14 立って、真理を帯として腰に締め、正義を胸当てとして着け、
15 平和の福音を告げる準備を履物としなさい。
18 どのような時にも、“霊”に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、
絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。

エフェソの信徒への手紙 / 4章 27節
27 悪魔にすきを与えてはなりません。

ローマの信徒への手紙 / 13章 11-14節
11 更に、あなたがたは今がどんな時であるかを知っています。
あなたがたが眠りから覚めるべき時が既に来ています。
今や、わたしたちが信仰に入ったころよりも、救いは近づいているからです。
12 夜は更け、日は近づいた。だから、闇の行いを脱ぎ捨てて光の武具を身に着けましょう。
13 日中を歩むように、品位をもって歩もうではありませんか。酒宴と酩酊、淫乱と好色、争いとねたみを捨て、
14 主イエス・キリストを身にまといなさい。欲望を満足させようとして、肉に心を用いてはなりません。

詩編 / 23編 4節
4 死の陰の谷を行くときも/わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。
あなたの鞭、あなたの杖/それがわたしを力づける。

ヨハネによる福音書 / 14章 16節
16 わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。